銀行カードローン

ここ数年、【カードローン】という言葉がよく聞かれるようになりました。
当初は耳慣れない言葉だったので、
カードローンってなんだろう?と
思ってしまった方も少なくないかと思いますが、
現在では世間的にもだいぶ認知されきたように思います。

そもそも銀行といえば銀行口座などからお金を引き出したりする、
キャッシュカードが一般的ですね。
いわゆる【カードローン】と呼ばれる商品が登場する前にも、
【カードローン】と同じように、カードで融資を受けられるという商品はあったのですが、
ある銀行が最初に【カードローン】という商品名を使うようになって、
このイメージがたとえば【キャッシング】【借り入れ】といった言葉よりも、
イメージが良く映るため、他社でも【カードローン】という言葉を好んで使うようになってきました。

ごく簡単にいってしまえば、
銀行からの借り入れができるカードが
【カードローン】
なのですね。
消費者金融研究所でもこの点触れていますが、 見解は消費者金融が提供するサービスもカードローン、キャッシングというのもあるようです。 安心キャッシング申込さんの場合は キャッシングサービスを結構紹介していますが、やはり銀行系のサービスはカードローンと表記しています。 なかなか定義が難しいですが、まあイメージ的にカードローンの方がいい印象は受け取れますね。

銀行=安心というイメージは正しい?

お金を借りるならどこで借りるか?というよりも、
どこで借りることができるか?といったほうが良いでしょうか?

お金を借りたいと考える人に、
年齢や職業、収入などのほか、これまでにいくら借りているか?
といった個人の条件には違いがあって当然です。

融資を受ける為には審査がありますから、この審査が銀行の場合は
他よりも厳しいという傾向はたしかにあります。

逆に言うのであれば、審査が厳しい金融機関ほど、
信頼性は高い
と考えて差し支えないですね。

預金金融機関の安定性

また、銀行の場合は預金という仕組みを持っています。
読んで字の如く「お金」を「預け入れ」ているもので、このお金をまとめて管理するのと同時に、
このお金を融資したりすることで発生する利子などが銀行の利益となるわけです。
多くの預金=運用資金ですから、そういった意味でも、
運用資金が不足するという心配が低い銀行という金融機関は、
信頼性が高く、安心して利用できるといえるのです。

これから初めてお金をかりるという人や、
すでに借り入れをしている人のおまとめや、借り換えなどにも、
銀行カードローンは向いている商品だといえます。